決して違法ではないデリヘル

決して違法ではないデリヘル


決して違法ではないデリヘル
デリヘルの考え方で間違ってはいけないことは、決して違法行為をしていないということです。
デリヘルは「風俗営業法」という法律の規制を受けて営業をしているのです。
街での客引きなどで「本番OKです」などと言われてしまうとデリヘルがアンダーグラウンド営業というイメージを持ってしまいます。
しかし決してそうではありません。風俗店の良し悪しは一般社会と全く同じ考え方なのです。
デリヘルを営業する際には公安当局の認可が必須となっており、社会に認められた存在となります。
風俗というとそうではなく、アンダーグラウンドなイメージを持っている方も多いですが決してそうではないのです。

「お金を支払ってまでデリヘル遊びをしたくない」なんて思っている人もいるかもしれません。
しかしデリヘルというのは、奥様や恋人などとのプレイとはまた違った興奮を味わうことが出来るのです。



決して違法ではないデリヘルブログ:190418

人間誰しも「思いこみ」と言うものがあります。
実はこれって意外といろいろなことが当てはまるんです。

「昼12時が近くなると腹が空いてくる」
これも「思いこみ」の場合が多いです。

例えば…
6時朝9時ごろに6時食を食べたら、
ほとんどの場合、腹は空いていないと思います。

しかし息子の頃からの生活習慣で
「12時になったら昼食」という風に教え込まれています。

だから、腹が空いていないにも関わらず、
12時になったら食事がしたくなるのです。

3時のおやつもしかりです。

午後1:00近くまで食事をしていたのなら、
午後3時は食事後二時間程度しか経過していません。
二時間程度なら、さほど腹は空いていないはず…

でも、「3時の時計」を見ると「あ、おやつの時間だ」と思い、
それによって本来は腹は空いていないのに
食欲が出てくるのです。

実際には腹が空いていないのに、
思いこみによる食欲はまだまだあります。

・テレビのCMやグルメ番組を見る
・街角で美味しそうな匂いが漂う
・美味しそうなとんかつ定食の看板を見る
・飲み会の後はとんこつラーメンで締める…

などなど、
慣習や情報で食べたくなる食欲ってたくさんの場面が挙げられます。
これを「認知性食欲」と呼ぶそうです。

一方、
人間が栄養不足になって、腹が空いて出てくる食欲は、
「代謝性食欲」と呼ぶそうです

現代の飽食の日本において、
本来の「代謝性食欲」が起こる場面はさほど多くありません。
そうなる前に「認知性食欲」で食べてしまっているからです。

ダイエットをうまく進めるコツは、
この「認知性食欲」をどうコントロールするかということが
大きな成功のカギなんですね。


決して違法ではないデリヘル

決して違法ではないデリヘル

★メニュー

デリヘルの女の子を攻めよう
電話対応が親切な業者を利用しよう
女の子は帰り支度に時間がかかる
デリヘルの利用価格相場
デリヘル業者は店名を名乗らない
デリヘルにおけるフィニッシュ
貴方の求めていることを伝える
女の子に気を使ってデリヘル遊び
本番行為を強要するのは違法です
決して違法ではないデリヘル


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)男ならエロの為にデリヘルをチョイス