決して違法ではないデリヘル

決して違法ではないデリヘル


決して違法ではないデリヘル
デリヘルの考え方で間違ってはいけないことは、決して違法行為をしていないということです。
デリヘルは「風俗営業法」という法律の規制を受けて営業をしているのです。
街での客引きなどで「本番OKです」などと言われてしまうとデリヘルがアンダーグラウンド営業というイメージを持ってしまいます。
しかし決してそうではありません。風俗店の良し悪しは一般社会と全く同じ考え方なのです。
デリヘルを営業する際には公安当局の認可が必須となっており、社会に認められた存在となります。
風俗というとそうではなく、アンダーグラウンドなイメージを持っている方も多いですが決してそうではないのです。

「お金を支払ってまでデリヘル遊びをしたくない」なんて思っている人もいるかもしれません。
しかしデリヘルというのは、奥様や恋人などとのプレイとはまた違った興奮を味わうことが出来るのです。



決して違法ではないデリヘルブログ:181016

皆さんは、8時何を飲みますか?

「目覚めのコーヒー!」という声が聞こえそうですが…
おれは日本茶が大好きで、
菓子パンを食べてもお茶を飲んでいるんです。
ちょっと変かしら?

もちろん紅茶やコーヒーも飲みますよ。
でも日本茶は飲まない日がないくらい、
24時間に何杯も飲んでいます。

一週間位前、お仕事でご一緒した静岡出身の方に伺ったら、
どんな日でも8時起きたら、まずは日本茶を1杯飲むんですって。

まずは1杯のお茶で肉体を目覚めさせ、
それから何かを口に入れて出勤されるとか…

昔から
「8時茶はその日の難逃れ」とか
「8時茶に別れるな」
「8時茶は三里行っても飲め」
「8時茶は七里帰っても飲め」…など
8時にお茶を飲む教えって、
日本にはたくさんあるんですよね。

お茶に入っているカフェインで頭をすっきりとさせ、
24時間が気持ちよくスタートできる…

そうすると、その日24時間仕事もはかどり、
面倒なく過ごせるということです。

お茶を使った言葉でもう1つ…
「へそで茶を沸かす」
なんか笑っちゃう言葉でしょう?
お腹がよじれるくらいに笑う、
おかしくてたまらないことなんですよね。

お茶にまつわる言葉がたくさんあるように、
日本人には馴染み深い飲み物、それがお茶なんですね。

ペットボトルのお茶が出回っても、
心も肉体も癒してくれる
あの独特の香りと爽やかさはなかなか味わえません。

お茶の入れ方がわからない人もたくさんいるとか…
難しい作法があるわけではありません。
忙しい毎日でも、
おいしいお茶を飲んで、ホッと一息いれてみましょうよ!
決して違法ではないデリヘル

決して違法ではないデリヘル

★メニュー

デリヘルの女の子を攻めよう
電話対応が親切な業者を利用しよう
女の子は帰り支度に時間がかかる
デリヘルの利用価格相場
デリヘル業者は店名を名乗らない
デリヘルにおけるフィニッシュ
貴方の求めていることを伝える
女の子に気を使ってデリヘル遊び
本番行為を強要するのは違法です
決して違法ではないデリヘル


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)男ならエロの為にデリヘルをチョイス