決して違法ではないデリヘル

デリヘルの考え方で間違ってはいけないことは、決して違法行為をしていないということです。
デリヘルは「風俗営業法」という法律の規制を受けて営業をしているのです。
街での客引きなどで「本番OKです」などと言われてしまうとデリヘルがアンダーグラウンド営業というイメージを持ってしまいます。
しかし決してそうではありません。風俗店の良し悪しは一般社会と全く同じ考え方なのです。
デリヘルを営業する際には公安当局の認可が必須となっており、社会に認められた存在となります。
風俗というとそうではなく、アンダーグラウンドなイメージを持っている方も多いですが決してそうではないのです。

 

「お金を支払ってまでデリヘル遊びをしたくない」なんて思っている人もいるかもしれません。
しかしデリヘルというのは、奥様や恋人などとのプレイとはまた違った興奮を味わうことが出来るのです。





ツーショットダイヤルはここ
URL:http://3455.tv/kaiin/2shot1.php
ツーショットダイヤル


決して違法ではないデリヘルブログ:180909

一週間くらい前、家内とムスメを連れて
僕は五反田へ行った。

13時間、家内は用事があるため、
僕はムスメといろんなところに遊びに行った。

お散歩に行ったあと、
僕自身がどうしても行きたかった展覧会に
ムスメを連れて行く事にした。

それは、画家のモディリアーニと家内ジャンヌの悲劇を
二人が描いた絵とともに紹介する展覧会だった。

モディリアーニはようやく絵が認められはじめた時に、
若くして病に倒れ、帰らぬ人となってしまうが、
家内のジャンヌはその二日後に自ら命を投げ出してしまう…

そのジャンヌが、亡くなる直前に描いた、悲しいまでの数枚の絵。

この展覧会の話を知った時、
なぜか僕はジャンヌの最後の絵が
どうしても見たくなり、迷ったあげく、
この日足を運ぶことになったのだ。

ムスメは幸いなことに、会場に入っても、
ごにょごにょ囁いてくるだけで、静かにしていてくれた。

僕は足早に、二人の生い立ち、
出会いから順に並べられた絵と解説を見て回り、
ついに、そのジャンヌが描いた最後の絵までたどり着いた。

しかし、よく見る間もなく、
そこでムスメが大声を出して泣き出したのである。

ああ、飽きちゃったんだなぁ…と思い、
一端、出口付近まででて、
ムスメをなだめ、ご機嫌になったところで、
もう一度、展示室まで戻った。

でも、やっぱり最後の絵の前までくると、
ムスメは大泣きするのである。

3回繰り返したが、同じなので、
僕は、絵を見るのをあきらめて外へでた。

こんなに惹かれてきたのに、
わざわざ何のためにここまできたのだろう…と
僕はがっくりと肩を落として会場を後にした。

五反田から帰ってきて、
我が家でムスメと遊んでいる今、ふと、
僕はその時のことが思い出されてきた。